ご活用事例

株式会社コロンバン様
ご活用先のホームページを見る

東京都渋谷区

2014年8月号掲載

埼玉新工場へ焼き菓子ラインを導入

コロンバンは大正13年、故門倉國輝氏によって創業。日本で最も早く本格的なフランス菓子の製法による洋菓子を紹介。昭和6年には銀座6丁目角に銀座コロンバンを開店している。
現在、直営店以外に百貨店、エキナカ、ミチナカ、ソラナカ、コンビニエンスストア、各種OEMと販路は多岐にわたっている。
今年で創業90周年。2013年に埼玉工場を竣工。100周年に向けての新たなスタートを切っている。
埼玉工場では焼き菓子の生産にオーブンラインが5ライン稼動している。

メルヴェイユライン

チョコクリームをサンドしたラング・ド・シャ。スイート、ミルク、コーヒークリームの3種類の詰合せになっている。
生地のすり込みを単列から多列式に変更し、量産化を実現している。

 

 

メルヴェイユライン

多列式の生地すり込み機

 

原宿焼きショコラライン

従来より生地の充填に単体機を使われていた。一貫生産ラインを構築し、量産化と省人化を同時に実現された。
充填の精度が高く、誤差が少ない高品質な製品ができると喜ばれている。
また、効率的に生産することでアイテム数が増え、地域限定など付加価値のある商品ができるようになった。

 

 

原宿焼きショコラライン

 

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック