ご活用事例

有限会社空也様

東京都中央区

2012年10月号掲載

中型どら焼機の製品情報

餡の美味しさを伝えるどら焼づくりに

空也は、明治17年に上野池之端で創業、昭和24年に銀座に移り、一店舗で「空也もなか」の〈売り切れ御免〉のスタイルをかたくなに守ってきた。

2011年、JR東日本のエキナカ商業施設エキュート東京とエキュート品川に、新ブランド「空いろ」を出店。その後、有楽町のルミネにも出店した。 空いろでは、餡を強みとした商品を展開されている。

餡の美味しさを伝える商品のひとつ「たいよう」(どら焼)の生産に中型どら焼機をご活用いただいている。

中型どら焼機

米粉を使用した小さいサイズのどら焼「たいよう」の生産に毎日稼働している。餡は、つぶしあん、あずきの○(まる)あん、白いんげんの○(まる)あんの3種類ある。

機械設備の選定ポイントについて、山口専務に伺うと「誰もが操作しやすくシンプルで長持ちする機械」とのこと。実際に機械の調整は、女性の方が担当されていた。

稼働中の中型どら焼機

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック