ご活用事例

株式会社アッシュ・セー・クレアシオン様
ご活用先のホームページを見る

兵庫県西宮市

2012年3月号掲載

サーマルメディアオーブンの製品情報 システムデポリー エボリューション2の製品情報

ブランドの柱となる焼き菓子づくりを支える

アッシュ・セー・クレアシオン様は現在、「アンリ・シャルパンティエ」「シーキューブ」「マドモアゼル マカロン」「カジュ」と4つのブランドを展開。

同社の基幹ブランド「アンリ・シャルパンティエ」の主要な焼き菓子の生産現場(スタジオ)を取材させていただいた。スタジオ内は積極的な5Sカイゼン活動の取組みにより、おいしいお菓子づくりとともに、安全衛生と使いやすさが追求された現場であった。

サーマルメディアオーブンライン

フィナンシェ・マドレーヌライン

「アンリ・シャルパンティエ」ブランドの代表商品であるフィナンシェは、おいしさを追求し進化しながら、1975年の発売より37年となるロングセラーである。フィナンシェの生産に、サーマルメディアオーブンラインをご活用いただいている。

ライン責任者である島田智彦スタジオ長より、焼きあがりの品質について「とても火通りがよく、よい製品が焼けています」と評価いただいている。ラインはマドレーヌの生産との切り替えをしながら、毎日稼動している。

フィナンシェは昨年秋に素材を切り替えられた。それによりアーモンドの香りやバターのコクが向上。「目を閉じて、香りを味わって。新しくなったフィナンシェ。」をキャッチフレーズにさらにグレードアップされたフィナンシェは、お客様から大変好評いただいているとのこと。

製造部 BCディビジョン 第1スタジオ

スタジオ長 島田 智彦 様

こんがり、しっとりと焼きあがったフィナンシェ

クレーム・ビスキュイライン

「クレーム・ビスキュイ」は丸型のラング・ド・シャで、ラムレーズン入りのクリームをはさんでいる。クリーム絞り、サンドまでの全自動ラインで、プレーンとチョコレートの2種類を生産されている。

すり込み機で成形された生地は、サーマルメディアオーブンでサクサクに焼きあげられる

ラムレーズン入りのクリームを絞る

クッキーを重ねる

コンベヤで包装工程へ

しあわせサブレライン

サブレ生地の圧延、型抜き、天板へ移して焼成する全自動ライン。香ばしくサブレを焼きあげていた。担当スタッフの方からは、設備の使い勝手について「操作しやすい」と感想をいただいた。

稼働中のサーマルメディアオーブン

稼働中のサブレライン

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック