ご活用事例

浙江新美心食品工業有限公司様

中国浙江省

2012年1月号掲載

ファインアップ ボックススチーマーの製品情報 システムデポリー エボリューション2の製品情報 全自動どら焼機の製品情報

日本の技術を活かした商品づくり

羅董事長が寧波市でビジネスを始めたのは1992年。当初友人と小さな資本から始めたベーカリーの経営は人に任せてうまく行かなかった。その後はご自身で経営を始め、それからが大変なスピードで発展した。最初の8年が成長期の第1段階、第2段階とされる2000~2004年の間に、設備を更新。日本の機械を導入され、使い始めた。

2011年に新工場を落成。10月に竣工式が執り行われた。新工場は、同社ブランド「緑姿」直営店全店(208店舗)へ供給するパンや菓子を生産するセントラル工場である。

新工場の菓子の生産設備として、当社の全自動どら焼機、システムデポリー、ボックスチーマーを採用いただいた。どら焼と蒸しケーキを生産されている。これらは同社のラインナップの中でも主力商品として今後も成長を期待されている。

全自動どら焼機/システムデポリー エボリューションII/ファインアップ ボックススチーマー

どら焼機については「中国には台湾製の機械があるが、これほどおいしいものはつくれない」とのこと。

「よい製品をつくるために設備は重要な要素である」と、導入いただいた“設備の価値”を高く評価いただいている。設備の使い勝手については「日本で何十年も使われてきている成熟した設備で、使いやすくできている。構造も複雑でなく、シンプルである」との評価をいただいた。

蒸しケーキはシステムデポリーとボックススチーマーで生産している。

システムデポリーは、蒸しケーキのほかにも、焼き菓子の生産等、多目的に活用いただいている。

全自動どら焼機

どら焼の中味は、小豆あん、胡麻あん、南瓜あん

システムデポリー エボリューションII

ファインアップ ボックススチーマー

プレーン、チョコレート、クランベリーの3種類

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック