ご活用事例

有限会社トーア乳業様

茨城県水戸市

2008年7月号掲載

全自動どら焼機の製品情報

大きくて安い、定番のどら焼づくりのお手伝いを

トーア乳業様のどら焼がブレークしたのは平成7年、「地元にこんなに安いどら焼がある」と新聞のタウンニュースで紹介されてからだった。その直後は1台の機械で生産が間に合わず、遠方への卸をやめて、直売が7割を占めた。その後平成10年、平成15年に2号機。3号機を導入、今年の2月に4号機を導入いただいた。現在の日産は平均約3万個。生産量がアップした分、直売店での地元の方の購入比率は下がっているが、それでも2割を占めている。

新鮮な卵を使用し、変わらぬ製法と味わいで、定番のジャンボどら焼は売れ続けている。

全自動どら焼機

トーア乳業様では、ジャンボどら焼(12cm)、特大ジャンボどら焼(15cm)など、同社の定番であるジャンボどら焼の生産に全自動どら焼機を活用いただいている。

これまで納入いただいた3台は本社工場で稼働しており、本年2月には4台目を千波工場へ導入された。ピーク時には4台で1日35,000~36,000個を生産されている。

千波工場に納入いただいた4号機では、あん充填の搬送ベルトが平ベルトになったため掃除や手入れがしやすくなったこと、傾斜コンベヤが単独駆動になり、焼成機からの生地のはがれ具合に合わせてタイミング調整をしやすくなった点など、当社のどら焼ラインを長年使っていただいている中で本機の改良点について評価をいただいている。

千波工場で稼働中の全自動どら焼機

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック