ご活用事例

有限会社錦光堂様
ご活用先のホームページを見る

群馬県渋皮市

2008年3月号掲載

全自動どら焼機の製品情報

定番商品と、これからの新しい商品づくりに

錦光堂の設立は昭和38年(創業は明治期)。群馬県渋川市と隣接する町に4店舗を展開する地域一番店である。

「渋川麓宝菓」というキャッチフレーズで、昔からの主力商品である「こがねいも」を中心に、「どらやき」、「しぶかわ」(栗菓子)、「紫陽花」(ブッセ)、「ジュネス」(乳菓)がメインの5品目となっている。主要5品目で基本ベースを維持しながら、常にお客様に飽きられない遊び心をもった仕掛け、また催事など展開し盛り上げを図っている。

同社の生産拠点となっている工場では、全自動どら焼機を主要5品目のひとつである、どら焼の生産に活用いただいている。

全自動どら焼機

主要5品目のひとつであるどら焼の生産に、全自動どら焼機を活用いただき、生どら焼との兼用生産をされている。定番のどら焼は小倉と栗の2種類。ふっくらとボリューム感のあるどら焼である。生どら焼は店頭に4種類陳列されていた。今後もラインを活用する製品をお考えであった。

焼成後の皮はジョイントされたクリーンクーリングトンネルで放冷

焼きあがったどら焼には、粒あんがたっぷり入れられる

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック