ご活用事例

株式会社きのとや様
ご活用先のホームページを見る

北海道札幌市

2007年5月号掲載

サーマルメディアオーブンの製品情報

話題のスイーツづくりに

株式会社きのとや様は、1983年、札幌市白石区東札幌に創業。当初は菓子屋というよりは喫茶店のようなものをお考えであったが、テイクアウトのケーキを置くため、店の造りはケーキ屋に近いものになり、喫茶スペースもあるという形になった。ケーキの仕入れはなかなか応じてくれるところがなく、知り合いのケーキ屋さんが期間限定で応じてくれている間にパティシエを探し、創業からから半年経って初めてきのとやのケーキを売り始めた。

その後展開されたバースデーケーキの宅配が話題を呼び、メディアで報道されるようになった。

生ケーキ屋という地域密着型の商いでありながら、宅配により商圏が札幌市内全域から近隣の地域に広がったこと、またそのお客様たちが時間をかけてでも来店してくださるようになったこと、電話やネットで注文が入ったりと色々な相乗効果がはたらき、急伸を遂げた。

現在、直営店のほか空港や駅、通信販売、物産展等で販売されている「札幌洋風どらやき きのら」の焼成に、サーマルメディアオーブンを活用いただいている。

サーマルメディアオーブン

きのとや様では「札幌スフレ」をはじめ、「札幌洋風どらやき きのら」「酪農チーズプリン」「チーズタルト」など、北海道産の素材を生かした鮮度のよい生菓子を“フレッシュ スイーツ”として展開、直営店のほか空港や駅、物産展等で販売され、通信販売も行っている。

「札幌洋風どらやき きのら」は、どら焼の皮ではなく、丸く焼いたスポンジケーキで北海道産の生クリームと十勝産小豆の粒あんをはさんだ、しっとりと柔らかい和洋折衷のケーキである。スポンジケーキの焼成にサーマルメディアオーブンを活用いただいている。

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック