ご活用事例

株式会社しんこう様
ご活用先のホームページを見る

福岡県北九州市

2006年12月号掲載

サーマルメディアオーブンの製品情報 システムデポリー エボリューション2の製品情報

「小さくても本格派」多彩な焼き菓子づくりに貢献

しんこう様が菓子問屋の越野商店からメーカーの真光製菓として創業・法人設立されたのは昭和29年、かりんとうを中心に地元北九州から西日本地区を商圏とした。 現在では、創業当時からの主力であるかりんとうに加え、ドーナツや揚げせんべい等の油菓子、ひと口サイズに仕上げたどら焼や 焼き菓子をスーパーマーケットや生協、コンビニエンスストアへ供給されている。

昭和60年に現在地に新工場を建設し、揚げせんべいのヒット、また工場揚げたてフェアや小さなドーナツなどの企画もヒットし、着々と躍進。平成16年にはISO9001を取得し、「鮮度はおいしさ」をモットーに独自の受注生産体制を確立、安全・安心なお菓子づくりに取り組まれている。この年に当社のトンネルオーブンライン導入いただいた。

平成15年に創業から50周年を迎えられ、「おいしさで笑顔を創る」を経営理念に掲げ、コアコンピタンスに「商品企画開発力」を据えられている。

サーマルメディアオーブンライン

「小さくても本格派」を追求する同社の商品は、しっとりしてそれぞれ素材の風味が生きている。 おいしいものを食べやすいひと口サイズ、商品のアソート化、上品なパッケージと、主に女性をターゲットとした商品政策である。

開発されたプチ・スイーツの焼き菓子の生産に当社オーブンラインをご活用いただいている。 システムデポリーによって生地充填・成型された天板が自動搬送され、焼成。焼成後型からの取り出しも自動で行われる。

商品は全て個包装されており、手みやげやお茶うけにも使いやすい。そのお菓子を買う消費者のライフスタイルも見据えた研究開発をされているように感じられた。

工場では焼き菓子用のオーブンラインが2ライン並び、取材時は朝から夜間まで稼動していた。

サーマルメディアオーブン入口

焼きあがった製品の取り出し装置。ラインの生産能力はプチフィナンシェの場合で8400個/時

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック