ご活用事例

株式会社源吉兆庵様
ご活用先のホームページを見る

岡山県

2006年8月号掲載

定番商品づくりに貢献

2005年11月、銀座7丁目の自社ビルに源吉兆庵銀座店が移転・オープンした。創作和菓子のギフトを中心に、全国に展開している同社の新たな情報発信基地となっている。

2002年3月には源吉兆庵グループの商品の物流を全て集結させた、東岡山物流センターが稼動。約10年前から行われている海外展開も、和菓子の市場規模を世界へ広げたいという思いで、これからも積極的に展開していく。

定番商品2割、8割が季節ごとに変わるという、多くの商品アイテム数をお持ちの同社では、 当社のバッフェルラインや全自動どら焼機は定番商品の生産に、またタイトアップマシンは季節商品の生産にと、幅広くお使いいただいている。

バッフェルライン/タイトアップマシン

【バッフェルライン】

宗家源 吉兆庵・鎌倉源吉兆庵のブランドで販売されている「福渡せんべい」「鎌倉せんべい」の生産に、当社のバッフェルラインをご活用いただいている。

波型に焼いたサクサクとした生地で、バニラクリームをはさんだ口どけのよい洋風のせんべいである。ラインは毎日稼動し、約27,000個を生産。同社の定番商品として根付いた人気アイテムであることがうかがえる。

2006年2月に焼成機を更新いただいた。焼成機部分は真空ガラスで囲い、熱を遮断して工場内の室温を保たれている。

【タイトアップマシン】

季節商品を中心に、約10種類の商品を兼用生産している。

稼働中のバッフェルライン

小豆羹「清水かげ」。薄小豆羊羹にわらび餅が入っている

「清水かげ」を生産中のタイトアップマシン

関連情報

ページの先頭へ戻る
株式会社マスダック